髪を面白い彩りで染めてみたのですが、今一つ

いつもは深いブラウン関連で白髪染めを通じていたあたし。
些かイメージチェンジをとして、明るめのブラウンで染めてみました。
何故か若返ったボルテージで最初は良かったのですが…。
何となく、周囲の適応が今一つ。小滅茶苦茶にされているのかな?というようなことが立て続けに見つかるようになったんです。
たとえば坊やの勉強で、担任から思い切りイチャモンつけられるようになったり。
(飽くまでも子に関しまして、髪のことをなんだかんだ言われているわけではないんですけど)
心の戸惑いがあって、通りのカウンセリング部屋でキャリアカウンセリングを通してみたところ、「人のせいにするな、完全あなたが悪いんだ」という年中悪口を言われただけで終わってしまったり。
うーん、気の力不足かもしれないんですが、サッパリかんばしくないことばかり起こります。
やっぱり、髪を赤茶色に染めちゃうような婦人はヤンキー?みたいな、野暮ったい考えの輩が相変わらず多いんでしょうかね。
確かに一昔前に見比べ、明るい茶髪の輩ってそれほど見なくなりました。
これは罪だったかな?と思ったので、次回はまた深いブラウンに染め直すことに決める。キレイモ 33カ所